2015年05月30日

「ファミリーグループカンファレンス」を巡る話を聴いてきました。

5月23日に、成年後見制度を見直す会主催の公開学習会で、
ファミリーグループカンファレンス(FGC)」を巡る話を聴いてきました。

本来期待していたものとは違いましたが、
それは講師が担っている現場と私が担っている現場の違いであり、
話の内容自体は、とても有意義な話でした。
そして、
現場が違うからこそ、私自身はこの話を聞いてこの先何をどのように展開すれば良いのかを考えていきたいと思っています。

さて、
今回の学習会は、
「成年後見制度」を「見直す」会と言う事で、
このFGCの発想を、意思決定に困難さを抱える人達に対する支援を考える材料として得るために持たれました。

・専門家集団に拠らない意思決定支援
・後見人等の特定個人に拠らない意思決定支援

本人の意思は尊重されなければならない。
本人の権利は保障されなければならない。
とは言うものの、
では、どうなれば尊重されている事になるのか?
どうなれば権利が保障されている事になるのか?

自らの意思の表現が異なる人たち。
自己決定のプロセスが私たちと異なる人たち。
自己決定の前にある選択肢が奪われてきた人たちの意思決定支援とは?

「分ける方が本人のため」
「厳しい娑婆で生きるよりも入所施設の方が本人にとって安心できる」
という声が、まことしやかに語られる重度知的当事者の周辺。

「困っている障害者には手を貸すが、困らせる障害者は保護するのがあたりまえ」という社会。

誰かの判断・特定の価値観によって当事者の意思が認められる状況に対し、
様々な人が関わり、様々な視点で本人とやり取りし、
明らかになった当事者の想いを様々な形で実現していく。

その一助としての
FGCにしていくにはどうすれば良いか?

又、その担い手をどのように形成していくのか?

まだまだ何も始まっていないと思う。
でも、始めていきたいと願う。

ファミリーグループカンファレンス研修会というのが、
7月17日〜20日の4日間で開かれる。

これに参加しようと思っている。
posted by 岩ちゃん at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FGC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする