2016年09月23日

やまゆり園の事件の前に

2016年7月26日に起こったやまゆり園の事件。
まもなく2ヶ月が経とうとしている。
「何かを書かなければ/何かを語らなければ」と思う。
「でも書けない/語れない」としか表せずにいる。

私の周りにいる人々や団体が声明として、記事として、集会という形で語っている。
事件が起こってから動き出したマスコミや公的機関とは違い、
日々の暮らしから、日々の取り組みから、
「何かを書かなければ/何かを語らなければ」と必死に絞り出すように表現する。
何かを書き、何かを語らなければ、これを機に私たちの意図は違う方向へ事を進める輩がたくさんいるから、
書かなければ、語らなければならず、何も事実が判らない中にあっても発信している。
そこに、敬意を持ちつつも、何かが違うと感じている。

昨日と一昨日。
ピープルファースト大会IN横浜が開かれた。
1日目の全体会が「追悼集会」に変更され、
多くのマスコミが駆けつけた。
翌日の報道を観れば、
「知的障害者たちもこの事件に対する想いやこれからの取組み」という形で報じられた。
でも、毎年開かれているピープルファースト大会の事は何も語られず、
この事件が起こらないために取り組んできたことは、全て抹殺され、
「知的障害者たちもこれから取り組む」課題かのように報じられる。

今、「書くこと/語ること」がその人の整理できない想いをまったく無視して、
あらぬ方向へと進める道具として扱われるように思うと、
今の今、何も書けない/語れない。

一昨日開かれたPF大会のパネルディスカッション。
パネラーとして立った小田島さんが自らの意見を述べる冒頭に感極まり言葉を詰まらせた。
その姿を見た私は、
彼が施設にいた時のことや
施設を出て一人暮らしを始めたことや
一人暮らしが決して順風満帆ではないことや
地域にいても常に「障害者」として扱われることや
常に、様々な不利益の中で暮らし続けることや
だからこそ長年ピープルファースト活動に取り組みつづけてきたことや
彼自身の暮らしさえ必至なのに、未だ施設にいる「仲間たち」が地域で暮らすことを求めてきたことや
懸命に訴え取り組んできたのに、何も変わらない今回の事件。
彼にとっての「仲間」は「匿名報道」という括りではなく、一人一人の存在を実感しての事だと思う。

彼の感極まりは、報道のどこにも現れない。
集まった報道陣には彼の感極まりは理解できないだろう。
(長年付き合ってきた私でさえその真意を理解できないので当然といえば当然だけど・・・)

わずか数分の発言だったけど、
理路整然とした語りではないけど、
小田島さんが言葉を詰まらせ懸命に語ったことは、
私たちに対し様々な事を懸命に伝えていると思う。

続く土本さんの発言の凄さを感じた。
パネルディスカッションの前にあった熊谷さんの話では、
「他者を見つけ出して、その他者の責任して問題を解決したことにすることではなく、我々全員が事件を起こしたと捉え、一緒に考える事が必要」という内容だった。
でも、土本さんはこの事件が起こったこと原因を「国や行政や親たちの責任」という。
そして「親が障害者を否定し、国や行政はその親達の声を聴く」という。
そういう実感の中で「私たちの声を聞け」と言っている。

熊谷さんの「全員がこの事件を起こした」という捉え方は理解できる。
私自身もその一人だと思う。
でも、
ただ漠然と「全員が」としてしまうと、問題が曖昧になるだけで、実は何も解決されない。
土本さんは、自らの立場から懸命に語り、その語りに立場の違う私自身がどう取り組めば良いのか?
実は、私達自身を厳しく追及する言葉だと思うが、
その言葉は、当事者対その他という対決構造をつくる。
以前の土本さんだと「敵を明らかにして取り組む」的な語りだったと思う。
しかし、今回の話は「親は当事者を否定する。その親の声を国や行政は聴く」という言葉が、
「知的当事者の声を聴くことで、それぞれの立場で改めるべきことを改めて欲しい」と訴えているように聞こえた。
土本さん自身も長年の取り組みの中で、変化しているように思う。

「相手の存在を否定するのではなく」ではなく「相手の存在と自らの存在の違いを明らかにすることが、互いを肯定し合うことに繋がる」という想いにいるように思う。

しかし、
「相手の存在を知ることなし」に表面に現れる事柄をもってでしか判断しない私たちに対する鋭い指摘だとも感じる。
「重度の知的障害者も参加しています」「参加できなかった障害者もいます」という土本さん。

二人に共通してることは、
長年ピープルファースト活動に懸命に取り組んできたということ。
「私たちは障害者である前に人間だ」というピープルファーストとその活動。
長年の活動に取り組んできたからこその二人の発言。

私たちは、今語られることの前に今語られていることの前にあることを知る必要があると思う。

今あることの前を知るためには、その人個人と関わらなければと思う。

同じくパネラーとして発言した中山さんと小西さん。
私は、お二人との関わりがない分その想いを知ることはかなわない。
でも、これを機にお二人と近づきたいと思う。

やまゆり園の事件は、衝撃的でその後の動きに対しても緊張感をもって意識的に関わらなければならないと思う。
しかし、既に風化が進んでいる。
「やまゆり園の事件」と言うのは、たぶんあと半年もすれば何処かに消えてしまうと思う。
新たな事件が起これば、人々の話題はそちらに移るだろうと思う。

何故なら、
これまでも、たくさんの虐待事件が報じられてきたし、今なお虐待は各地で起こっている。
どれほど多くの事件があったか?
多くの人は忘れていると思う。
かく言う私も、正直に言って忘れている。

でも、
自らが自らの場で取り組んできたことは忘れない/忘れられない。
「やまゆり園の事件」ではなく、私たちの身近に起こっている事柄に取り組むことでつながっていくように思う。

「やまゆり園の事件」は「何故起こったか」とか
「二度と起こさないように」という事を語るならば、
それ以前をもっと語らなければ、この件は何も語れない。

以前を語ることで今が現れ、
今が現れるからこそ、
将来につながる。

今は「書けない/語れない」私だけど、
自らの足下を改めて見つめ直すことが、
やまゆり園の事件を考え取り組むことにつながるように思う。
posted by 岩ちゃん at 10:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 支援を模索する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

街が変わる。人が変わる。追いつけない地域での関係。

対人相互作用に困難さを抱える人々。
彼らは、人との関係や置かれている環境によって「障害」と評される部分が大きく変化する。
それは、私たちの側から見ても同様で、関わりのある人に対する思いと関わりのない人に対する思いとはまるで違い、同じ行動や言動であっても、平然と受け止められることもあれば、緊張感を持ってやり取りする事もあれば、そもそも排除の対象としてしまう場合もあったりする。

「障害の有無に関わらず」
「地域で学び/地域で育つ」事を願い、追い求めてきた私。
今日では、「自立生活」という表現をもってその人の暮らしを支援し続けている。

弱小の会が少なくはない重度知的当事者や行動障害を伴う当事者たちの「自立生活」をまかりなりにも維持しているのは、制度が潤沢に保障されているというよりも、制度外の様々な関わりがたくさんあるから事だと思う。

当事者の暮らしを制度のみで支援しようとすれば、
たちまち人手不足に陥るし、
制度では対応できない課題に、誰も対処しなければ、
たちまち当事者の暮らしは脅かされ、
地域で住めなくなってしまう。

時折聞かれて困る質問に、
「重度知的当事者の一人暮らしを支えるために連携している機関はどこですか?」がある。
相手が想定する答えは、
行政や相談支援事業所やサービス提供事業所。
医療や発達障碍者支援センター等の専門機関だと思う。
確かに、そういう立場の人たちとの連携がないわけではない。
時に相談したり相談されたりする場合もある。

しかし、
一番の連携先は「機関」等とは呼べない、
地域のお店であったり、最寄の駅の駅員であったり、
建具屋さんやガラス屋さんや不動産屋さんであったりする。
駅ビルや公共機関の警備員と電話番号を交換したこともある。
行きつけの呑み屋やファミレスやコンビニ等々。
人が暮らす上で関わりのあるところと遠くから近くからつながっている。

又、公民館やボランティアセンター等でつながった人のつながりも大きい。
時折「〇〇さん(時に、多分おたくの関係の人と思うけども含む)が△△で大騒ぎしていたよ」という情報も入ってくる。

そんな人たちの存在があるからこそ、弱小の団体であっても少なくはない人の自立生活の支援を辛うじて担えているように思う。(当然ながら24時間の支援を必要とする人たちの支援のベースは居宅介護事業所等にお願いしている)

そんな、街の中で関係の凸凹がありながらも様々な経験を互いが持つことで暮らしが廻っている。

ところが、
街の様相が変われば、同線も変わる。
個人経営の店が少なくなり、バイトの人たちが店を仕切るようになると、
関わる人もどんどん変わる。

すべてを理解して受け止めているわけではないだろうが、
辛うじて受け止めてもらえている状況も、
人が変わればたちまち対応が変わり、
その変化に追い付かない当事者たちは、いかに対応して良いか戸惑い、
それが行動障害と評される形になって現れると、
たちまち地域から奪われてしまう。
辛うじてそのような事態になってもまだ本人を知る人たちがいるので、
出来事に対し少し立ち止まって一緒に考えてもらうこともできる。
しかし、
この先、さらに人が変わっていった時、果たして・・・
という不安がよぎる。

久しぶりに立ち寄ったコンビニ。
まだまだ知っている人たちはそれなりにいるのだけど、
知らない人が増えてきた。
私を普通のお客として、マニュアル通りに接する人が増えてきた。
「初めまして、今後もよろしく」とやり取りできる場合もあるけど、
どんどん人が代わると、
それは単なる社交辞令と化してしまう。

「行きつけのお店」なるものがどんどん違うお店に変わっていく。
あとに開店したお店が、私にとって必要な店ならば日参してでも関係をつなげたくなるが、
まったく興味のない店だと近寄りもしない。

街が変わる。人が変わる。
そのスピードに追い付けない。

そんなことを思う中、
今日、広い駐車場のあるお店に車を停め、買い物から車に戻ると、
10年近く前にお店をたたんだ酒屋の店主とそのお連れ合いに遭遇。
お互いに驚き近況を報告。
そして、お連れ合い曰く「みなさん元気にやってるの?」と。

皆さんとは、一人暮らしをしている重度知的当事者の事であったり、
毎週開かれていた会のイベントの後のひとときに立ち寄っていた当事者たちであったり、
夜な夜なお酒の買い足しにやってきた運動家のおじさん達のこと。

お店をたたむ頃、私はお酒を買いに行く機会が減っていて、気づけば閉店。その後の消息が不明になっていた。

それでも、ばったり出会ったその一瞬で過去へとタイムスリップ。
しばしの立ち話。

決して古き良き時代にという話ではないけど、
なぜ、そんな関係が作れたのか?
なぜ、今は作れないのか?(作った関係が他所で活かされていたなら幸いだけで)

そんなことを思った。

posted by 岩ちゃん at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする