2016年10月22日

マイペースな当事者を前に

コンビニに入ろうとする自閉症を伴う知的当事者を見かける。
こちらは用事があって急いでいる。
相手はこちらに気づいていないし、
彼に声掛けすれば、挨拶一つでもやり取りに時間がかかる。

「別に挨拶したからどうってことないだろう。急ぎの用事を優先しろ」と悪魔がつぶやく。
「あなたと彼の仲はそんなもんなの?これが障害当事者でなかったらどうする?声をかけるでしょ?声をかけるべき!」と天使がつぶやく。

悪魔と天使のつぶやきに耳を傾けるのはめんどうなぐらいのせっかちな私は、
そんなつぶやきが聞こえると、とにかく当事者と関わる方を選ぶ。

案の定、
「こんにちは」の挨拶一つでは済まされず、
相手はあれこれ語りだす。
その語りは、今日の気分や自分の状況やこれからの事を私に懸命に伝えようとしていると理解できる。
なので、
それも含めて相手の挨拶と思い耳を傾けるのだが、「時間がない」と話の半分も聞いていない。
私が話の半分も聞いていないと察知されれば、さらに語りかけてくる当事者。
さらに輪をかけ話しかけてくる。

そんな時、
「障害者だからといって全てを受け止めるという事はおかしい」という思いになる。
他の人に対しても「今日は急いでいるので失礼して先を急ぎます」という事はある。
なので、
「ごめんね!急いでいるから、またね」と言って話を終えて先を急ぐ。

ところが、
ちょっとした会話の中で、私と彼は同じ方向に向かうという事を知る。
彼が私に「(コンビニで買い物するから)待ってて」と言われれば、
「先を急ぐから待てない」とも言えない。

「解った。待ってるよ」と答える私。

し・か・し!!
「相手が急いでいる」という事をその言葉だけでは理解できない彼。
外から彼の様子をうかがいながら待つ私。
彼は多分、
昼食のお弁当を買うために入ったのだろうが、
お弁当の棚には真っ直ぐ行かず、店内の端の方から遠回りして行く。
それが自閉症故のこだわりとは理解できる。
さらに、
こちらは急いでいると言っているのに、いつものペースでゆっくりと店内を歩く。
さらに、お弁当の店の前辺りでじっくり品定め。

「確かに、私は待つ」と言いました。
「でも、急いでいる」とも言いました。
「早くして」とも言ったかもしれません。

私たちの世界では、相手にそう言われら、
「時間がかかるけど良い?」とか
「先に行ってもらっていいよ」とか
「(時間節約のため)一緒に探してくれる」とか言って、
相手の状況をお互いに測りつつ、折り合いを考えつつ、対応する。

なので、
こちらの思いに何も答えず、「待ってて」の一言で自分の要望(ペース)だけを貫き通す彼に、
苛ついてくる私。
声かかけなければ良かったとか、
「待って」と言われてもさっさと行けば良かった等と後悔する私。

こちらの思いなんてお構いなしに、自分のペースを貫く彼を前に、
イライラ度はマックスになる。
彼の態度は「障害された面」と知っていると、
彼との距離間をいかに生み出すかなどとも考えるが、答えが見えないのでイライラ度はさらに増す。

「時間がない」という自分の都合と
「相手を気にしない」という彼との折り合いが、
他になかったのか等とも考える。

店に飛び込んでいって「早くして!」とも言いたくなるが、
それを言ったら、ここまで待った事は全てなしになり、
「急かされた」という感覚だけが彼に残るだろうとも思う。

悠然と店を出て来る彼。
イライラ度MAX状態の私。

でも、
ふと思い描いたことは・・・

「世の中みんなが彼のペースだったら、私もこんなにイライラしないだろうなぁ〜」という事。

「効率よく」とか
「相手の気持を解れ」とか
「事を解決する方法」と言った事なんかを相手に求めず、
彼のペースに合わせてのんびりと待てば良い。

遅れていった先の人もそれを許してくれるなら、
集まったところでのんびりと始めれば良い。

「人にはそれぞれ自分のペースというものがある」という事は言える。
しかし、
誰かと一緒に何かをする時、
それぞれのペースに対しどこか折り合いを見出さなければならない。

あくまでも互いのペースの折り合いを、互いに見出す関係であれば良いのだが、
実は、障害当事者たちのペースは世の中のペースにより否定されている。
もしくは、
世の中のペースの許容範囲であれば許されるが、許容範囲を超えるとたちまち否定される。

「早くして欲しい」と言うのは私の願いだけど
「早くして!」と言い切ってしまうと、それは彼と私の折り合いを見出すのではなく、
「私のペースに従いなさい」と言っているに等しいと思う。

どちらかと言えば、せっかちな私。
彼のペーストはどこか対局にある。

だからこそ、
彼のペースに付き合うとき、
私の中に生まれるイライラ感は、私の余裕の無さとして置き換える。
そして、
どれほど置き換えてもせっかちな私は、彼のペースには従えない。
だからと言って、彼を私のペースに従えるというのも違うだろう。

結果、
私は上記に書いた事を頭の中で考えながら彼を待っている。
それが私と彼の折り合ったことかもと描く。
そして、
結論としては、
単なる時間というペースの話ではなく
「彼のようなペースで生きられたら良いなぁ〜と彼の存在を羨ましく思う私の存在」なる、
全く違う話に落ち着く。
posted by 岩ちゃん at 11:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする