2017年07月27日

「忘れないではなく、思い起こせる関係を」

あれから1年。

月日が経つのが早すぎる。
何も整理できないまま、何も語れないまま1年が過ぎた。

「あの悲惨な事件を忘れない」と声をあげる人たち。
私の中では、そういう声をあげる人たちの多くが過去にあった出来事を忘れていく状況を何度も見てきた。
人は、なにがしかを忘れないと生きていけない。
何も解決されないままに。
何も整理されないままに。
忘れ去られた事件というのは数多くある。

マスコミが取り上げる事件以外にも、同様の事件は数多く存在する。
「一人一人の尊厳」というならば、19人も1人も変わりはない。
私自身が置かれている状況下では、同様の事件が数多く入ってくる。

当該の人々には申し訳ないが、
その一つ一つを「忘れずにいられる」かと言えば「絶対に無理」と思う。

ただ、「思い出す」事はできる。
そして、ふと思い出した時に「あのことで・・・」と問い合わせる事ができる人とつながりは続けている。

そして、この「思い出す」という状態が生まれるのは、同様の事が我が身の日常にあるから。
我が身の日常で起こった事を解決するために、様々な人からヒントをもらう。
ヒントをもらうために懸命になる。
そんな時「そう言えば、あの人がこれと同様の事に関わっていたなぁ」と思いだし、
我が身の日常で起こった事の解決に向け、何をどのような形で問い合わせれば良いかと考えれば、
自ずと過去の出来事が思い起こされる。

「決して忘れない」などと私には言えない。
過去、たくさんの事を忘れてきたから。

でも・・・。
思い起こす事はできる。
思い起こす必然はたくさんある。

必然がたくさんあるというのは良いことではなく、
それだけ数々の同様の場面があり、
わが身の周辺にも同様の場面が現れると状況。

そんな状況は改善したいと願い日々を暮しているわけだから、
思い起こす必然がたくさんあるという事は、決して良いことではないだろう。

「忘れない」ではなく「思い起こせる」という事

今の今1年前の件で多くの方々が関わっている。
様々な立場からの言説が流れてくる。
言葉にならない事や言葉と言葉の間にある様々な想いがそこにあると思う。
私自身は、その一つ一つを丁寧に読み取り/聞き取り、この件で自らの想いや願いを展開するだけの力量はない。

だからと言って、取り組んでいる人たちと私とが遠く離れた人とは思わない。

私は私で、
ただただ、同様に起こっているわが身の周辺の事柄と向き合うしかないと思っている。
願わくば身近にある入所施設から当事者を地域に取り戻したいと思う。
それさえ叶わない我が身の力量。
せめて、入所施設や社会的入院に至らないと願う。
長年思い描き取り組みを積み重ねているが、それさえも確実なものにできずにいる。

地域に取り戻すというよりも地域から奪われないという取り組み。
そんなささやかな取り組みしかできない私にしてみれば、
全国ネットで流れる大きな出来事に対し向き合うことは、遠い彼方の事のように思う。

でも、
つながりのつながりのそのまたつながりの中で、懸命に取り組んでいる人たちがいてくれる事の幸い。
そういう人たちがいるからこそ、わが身の日常の中にある課題に取り組む事ができる。

ただ、辛いと思うのは「今!結集を」的な呼びかけに応えなければなにも取り組んでいない事にされてしまう呼びかけ。

まったくもって無関心な人がいるので、そのような形で呼びかけなければならない心情は解る。
でも、私と同様に小さな世界の小さな事柄を大事にしている人たちの取り組みがいる。
「結集」ではなく「つながり」を求め、互いの課題を認め合わなければ、いずれ大きな出来事は忘れ去られ、思い起こし次に活かす事さえなくなるように思う。

私にとって大切なのは、この大きな出来事を「忘れない」ではなく、
思い出される日常の必然と、
自らの課題解決のためにやり取りできる関係。

そんな事を加速する日常の流れの早さの中で思う。
posted by 岩ちゃん at 11:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする