2007年05月05日

ゴーゴーバーベキューにて その3

Kさんは、バーベキューに意欲満々。
朝から「今日は参加します!!」と確認の電話。
そして、「二次会はいくら必要ですかね〜」と続く。
メインのバーベキューも始まっていないうちに二次会の心配。私も二次会があるのか無いのか主催者で無いので分からない。
私「Kさん。二次会がしたいなら自分からみんなを誘えば良いのでは?」と言うと、
K「・・・・難しいなぁ」との事。
「とりあえずは、バーベキュー会場で会いましょう」と電話を切った。

 会場でバーベキューをほおばるKさん。「二次会はどうしますか?」と私に聞く。
私「みんなに呼びかけてみようよ」
K「難しい〜」

確かに二次会ってその場の雰囲気でやるもんだし、誰かが率先してくれればついていけば良い。しかし、誰もその気がなければ、自らが周囲をその気にさせる雰囲気を作ることが必要となる。
 私が、呼びかけて二次会にみんなを誘う事は簡単。でも、私はKさんの想いにかけ彼が中心となって仕切れるように対応する。
 
 会が終わって、とりあえず皆さんたこの木により一服。Kさんいろいろ駆け引きするも周囲はあまり乗り気で無い。少々切れ始めるKさん。
結局、私が声をかけ4名ほどで飲み屋へ向かった。

 さて、二次会をしたいという当事者の想いに応え楽しさを共有すべきか?当事者自らが声を出さないと次が開かれない経験とすべきか?
 あれこれといやらしく考え込む私がいる。
posted by 岩ちゃん at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137657326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック