2007年12月21日

要望を待って動くか?  支援の側が仕掛けるか?

 来年のPF大会に向けたこの木としても個々の当事者が自らの想いを実現できるように日々様々な形で支援している。
 今日は、T市に住むYさんの支援をめぐりYさん自身と話をした。
 たこの木としては、団体の意向の前に当事者個々人が実行委員として活躍できるよう周囲の当事者に呼びかけをしてきた。
そんな想いに応え現在活躍中のYさん。
 現時点での実行委員会は、それぞれの想いを出し合う事が中心で、彼も自らの想いを事務局や会議の場に出している。
 想いを語る分には彼には支援はあまり必要ない。又会議等が開かれる会場にも一人で行けるとなれば、個人の支援は必要ない。

 しかし、この先具体的に動き始めた時、どこまでYさんだけで担えるだろうかと考える。
 あと半年間、やりきる可能性もあれば、具体的な準備をする段で行きづまることもあるかもしれない。
 やり切れれば良い何ら問題は無い。でも、行き詰った時誰がYさんの想いを受けてYさんを支援するか?
それを考えると、準備が進んだ先でいきなり支援者がついてもYさんの想いもその時の事態を飲み込めないだろう。又、その頃には今Yさんが頼りにしている事務局サイドの支援者達もそれぞれに動き回っているだろうから、Yさんと一緒に動くと言うのも難しくなっていると思う。

 なので、現時点からYさんと一緒に動き、大会を準備する支援者を確保しようかと提案した。
 
 でも、Yさん自身これから先のことについてはリアリティーが無いため、「僕には必要ない」との事。

 と言うことで、話はすぐに終わったのだが、こちらが支援者として予定していたMさんには、「個人で実行委員会につながる中で、Yさんが必要とした時のためにスタンバっておいて!」とお願いしたが…

 生活のかかっているヘルパーさんにとって、実際の派遣が無い中では賃金がもらえない。
 なので、こちらとしては頭を下げてお願いするしかないのだが…
 とりあえず、こちらの要望に応えてくれるMさんには感謝
posted by 岩ちゃん at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ピープルファースト大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137657676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック