2009年10月20日

「ワニなつノート」と言うブログ

10月16日の記事がリンクを貼っている「ワニなつノート」と言うブログで盛り上がっています。

 ブログの主のYOさんからDMで「昨日のたこの木のブログと、一連のコメント、面白いので、ワニなつに転載させてください(^_^)v」とわざわざ連絡をいただき、ブログ本文でご紹介いただきました。

 YOさんとは古〜いお付き合い。実際お会いした回数はとても少ないのですが、「ワニのなつやすみ」と言う会報と「たこの木通信」の交換で、その想いに深く共感する方としてのお付き合いです。

 「子ども達どうしの関係づくり」と言うテーマで始まったたこの木クラブ22年が過ぎました。
 当初は子ども達の場である学校をめぐっての活動をダイレクトに担っていましたが、学校と言う場を終える子ども達が増える中、今日青年たちの自立生活や地域生活を支援する活動を担っています。

 でも、決して子ども達の場である学校での課題がなくなったわけでもないし、20数年前は「養護VS普通」と言う対極の考え方でぶつかり合っていましたが、昨今「特別支援」と言う言葉で事柄が複雑化し、家族や周囲を混乱の渦に巻き込み、ますます私たちが描いている「ともに」の想いから遠のいている印象さえ受けます。

 そんな中で、子ども達の場にこだわり続ける「ワニなつノート」は単に子ども達の場の話ではなく、今のたこの木に至るとても大切な事を改めて展開している活動だと感じています。

 折りしも就学時健康診断の季節。

 「子ども達の将来のために」と障がいを持つ子ども達を「支援」と言う名の下振り分けようとする教育界。

 「自立生活」と言う課題を担う私としては、分けられて育ったものを取り返す事の大変さを同時に感じている。

しかし、私の身は一つしかない。
日々の活動を通じて課題ばかりが増え続けるが、担える課題は限られている。

 そんな想いの中で、こだわり続けている「ワニなつノート」の存在は、とても大きい。

 そして、ワニなつに関わる知的当事者もたこの木同様大人になって自立生活の取り組みも始まっている。

 お互いの根っこを共有し、それぞれの取り組みがリンクするワニなつノートは必見です!!   

ランキング



このブログが多くの人の目にとまり、
地域で暮らす障がい当事者の事を思う人が増えることを願い、
一日一回のクリックにご協力下さい!!  

※只今、たこの木クラブでは女性スタッフを募集しています!
posted by 岩ちゃん at 11:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も時々、『ワニなつノート』を拝見しております。差別だと思われていないものが実は差別になっていたりすることがあることに気づかされました。

ブログ『ワニなつノート』に1度コメントをしたことがありますが、なぜかコメントが表示されませんでした。

今、コメントを受け付けていないのかな?それとも何か失礼なことでも書いちゃったのかな?ただ、外国人を根拠もなく差別するのはおかしい、って書いただけだったんだけど…。

とにかく私もブログ拝見してます。
Posted by 117 at 2012年05月04日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック