2010年03月08日

良い事もつらい事もあるはずなのに・・・

 たこの木周辺でつきあっている知的当事者の多くは、幼い頃から長年付き合い続けている人たちが多い。
 子ども会やキャンプといったたこの木の行事に参加していたと言うだけではなく、普通学級に通うこと・就労の事・自立生活の事・諸制度の事など支援についてのやり取りを続けていたと言う事もある。
 又、子ども時代からの付き合いは、当然の如く家族との付き合いもあり、その人の様々な生活全般に渡り見てきたし関わりつづけてきたと言う人たちである。

そんな当事者たちの一人と話をした。
 彼の口から出てくる事は、ひたすら否定形の話ばかり。
「仕事の時、お客さんに断わられた」
「来るなといわれた」
「お前なんかが来るところではない(と言うマンガの話)」
又、
「やられたらやり返すしかない」
「やられないように強くならなければいけない」
「男は泣いてはいけない」と言う話も。

その話そのものと言うよりも、彼の頭の中を支配しているの自らを否定されてきたと言う記憶。

確かにそういう経験をくぐってきた人であることを私は知っている。

でも、それだけではない。
キャンプで活躍した話。自分より年下の子ども達の世話が好きな事。仕事仲間とやり遂げた経験等、たくさんのプラスの体験も持っている。

そんなプラスの経験を伝えると、一瞬思い出したかのようにうれしそうな顔をする。
でも、すぐさま「そんなことばっかりではない」と再び否定形の話になる。

「辛い経験をたくさんしてきたんだね」と認めるしかない。
「良い経験はなかったのかな?」と彼自身に思い出してもらうしかない。

彼の言葉から知的当事者が置かれている状況がよく分かる。
でも、その一方でそのような状況を何とかしたいと長年つきあってきた私がいる。

 まだまだ、彼らの世界には程遠い所で私はやり取りしているのだろうと感じた。
posted by 岩ちゃん at 13:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 当事者の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143063782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック