2010年11月09日

世界の片隅で支援をつぶやく

*****     twitterからつながる支援の地平   **********


学習会:課題は続くよ、どこまでも
講師:岩橋誠治さん  (たこの木クラブ)http://blogs.dion.ne.jp/takonoki/

日時:12月9日(木)18時半会場、19時から21時
場所:鶴橋eトコ (http://homepage3.nifty.com/kimrin/group/group01.html
JR、近鉄、地下鉄千日前鶴橋駅徒歩10分
参加費:資料代として500円


分野を越えて人とつながる手段のひとつであるtwitter。
それぞれが勝手に「支援」「家族」「障害」についてつぶやいていたところ、
このような企画が実現しました。
東京多摩で知的障害のある方たちの自立生活を支えるたこの木クラブ代表岩橋誠治さん(@iwatyan1963)をお迎えし、
語りあいます。

場所は、大阪鶴橋、家族を超えたつながりを生みだす場である
eトコ(@etokohouse)にて行います。

参加希望者は、発信者までお願いします。


企画者:@michael_buzz、@ttsubasa、@masapi_n


★たこの木クラブとは…
東京都多摩市にある地域で暮らす障がい当事者
(主には知的障がい・自閉症の人たち)があたリ前に暮らすことを願い、
当事者の「自己選択」「自己決定」「自己実現」を支援している団体です。

★岩橋誠治さんの著書
寺本 晃久、末永 弘、 岩橋 誠治、岡部 耕典
『良い支援?―知的障害/自閉の人たちの自立生活と支援』
生活書院、2008年


********************************


 10月はまったくブログを更新しなかった事が発覚!!
1ヶ月も更新しなかったら訪問者も減るわなぁ〜。
更新してなかったのは、それこそこの記事の前に書いた事柄がここ1ヶ月間倍に増えていると言う事もある。
でも一方で、上記企画が生まれるほどに最近ツイッターにはまっていて、140字以上の文章が書けないと言う事も大きいように思いますね。

私自身もまさかツイッターつながりでこのような企画が生まれるとは想像もしていませんでした。
それほどに熱い方たちの企画なので、私の話よりも企画者や集まる方たちのすごさに触れられるのではないかと私自身も楽しみにしています。

普段は地元中心で活動しているので、生まれ育った大阪にさえめったに行かない状態。
ツイッター仲間だけでなくたこの木を知る方たちともお目にかかりたいので、よろしければ是非ご参加下さい!

posted by 岩ちゃん at 20:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168846990
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック