2015年06月22日

訪問時、ベルを鳴らす/鳴らさない?

「どうでもよいことかもしれませんが、介助交代の時ってベルを鳴らさない方が良いですかね〜?」と、
私と交代のヘルパーさんが尋ねてきた。

確かに、「どうでもよい事かもしれない」
人の家を訪ねた時は、ベルを鳴らすのは当然だろう。
鍵が開いているからと言って、こっそり入ることは良くない。
田舎の見知った関係ならば別かもしないが、
長年、介助に入っていてもあくまでも他人の家。
礼儀としてベルは鳴らすものだろう。

私は、そのヘルパーさんに「なぜ、そのようなことを聞くのか?」と尋ねてみた。
すると彼は、
「先日介助交代の際、次のヘルパーさんんがベルを鳴らさず入ってきたので驚いたんですよ」
と言う。
彼は、自らが入る介助の枠は定期的なのだが、その前後のヘルパーさんは事業所の都合もあるが、意識的に違う人を入れている枠。彼としては、必然的に様々なヘルパーさんと接することになる。
すると、
訪ねてきた時、ベルを鳴らす人と鳴らさない人がいて、
自分は、鳴らす派だけど、鳴らさない派の人がいる事に気づいたらしい。

「では、あなたが介助交代で訪ねてきた時、ベルを鳴らすのは何故?」と聞いた。
すると、
「ベルを鳴らさないと不用心だし、本人も驚くと思うので」という。

確かに。
それは当然の理由だと思う。

「では、鳴らさない派の人の理由を聞いてみた?」と聞けば、
「それは聞いていない」と言う。

彼にとっては、「どうでもよい事かもしれないが」と言う思いがあるからか?
サクッとそれぞれのヘルパーさんに理由を聞けない様子。
でも、私は「決してどうでもよい事ではなく、そこに、自立生活をしている当事者の支援が何かを意識する機会があるから、ぜひ聞いて欲しい」といった。

ヘルパー派遣と言っても、様々な形がある。
たぶん、週に何度か、日に何度か、短時間の介助に入るヘルパーさんの現場ならば、訪問時ベルを鳴らすというのは当然のように思う。
なぜなら、
当事者にとってはヘルパーという他人がいない時間からヘルパーという他人がいる時間へと切り替わる合図だから。

でも、
24時間介助を使い暮らしている重度障害者たちの場合は、常に介助者がいる状態。
介助交代は、ヘルパーが訪ねてくるというよりもヘルパー側の都合で立てられた(そればかりでもないだろうけど)交代時間になると次の人が訪ねてくる。
そこへ、やってくるヘルパーが毎度ベルを鳴らしていたら・・・
それは、当事者にとって他人が入る時間の知らせではなく、ヘルパー間の交代の合図と化す。

常にヘルパーが存在する暮らしをしている当事者のその交代のタイミングは、
もしかしたら、
寝ているという事もあるだろう。
トイレに入っているということもあるだろう。
入浴中や食事中という事もあるだろう。
TV番組に夢中という事もあるだろう。
休日の朝、ゆっくり寝たいと思っている時に、ベルがなれば基本家主である本人が対応しなければならない(ヘルパーなのか?訪問者なのかが判らず、ヘルパーに任せる人も多い)

自らの暮らしをベルによって分断されてしまう。

でも、実際のところは交代時間がある程度決まっているので、次の介助者に依頼することを決めていたり、前の介助者にやってもらうことをやってから終えてもらったりと段取りしている場面もあったりする。
例えば、
いつも夜から朝にかけて入るヘルパーさんには専ら家事や入浴といった家の中でのことを頼み、
翌日介助交代でやって来たヘルパーとはいつもお出かけしているなら、
ベルは、お出かけの合図となり本人のモードもベルとともに切り替わるということもある。

でも、出かけなければならない場面ではそれはとてもありがたい話なので、ベルを鳴らす方が双方にとって良いと思う。
ところが、休日で出かけても出かけなくても良い状況の場合は?
時には、のんびり家で過ごしたいと思うかもしれない。今日はテンション高めで出かける気満々かもしれない。のんびり過ごすつもりで前の日遅くまで起きていたとしたら、いつもの交代時間に寝ているという事もある。でも、ベルがなれば起こされる。
出かける気満々であってもうっかり寝過ごすということもある。ヘルパーがベルを鳴らすことで、飛び起きて慌てて出かける準備をすることもある。

実は、
「ヘルパーがベルを鳴らす/鳴らさない」という話は、
24時間介助を使い暮らす障害当事者にとっては、当事者自らの暮らしの連続性をいかに意識し、折々の状況をどのように考えるかという重要な機会だと思う。

これが、重度身体当事者の場合は、本人に聞けば良い。
そうすれば、時間や曜日でその仕訳を伝えてくれるかもしれない。
人によって変えるかもしれない。
事前に次のヘルパーに「今日は・・・」と連絡をいれるかもしれない。
今いるヘルパーに「ベルを鳴らさず入ってきて」と張り紙をさせることもできる。

でも、
重度知的当事者の場合は?
そこまで指示できる人はいない。
その人の状態や状況によって、ある程度周囲で対応を決めることはできるかもしれない。
しかし、その日その時の当事者の状態は判らない。

寝ているところを起こしては悪いと思うし、起きてもらった方が良いとも思う。
前の介助者とバトル中に私が現れたら、家主はバトルを収める事と私への対応が同時に起こり、ますますパニックになる場合もある。そんな時は、シラッとドアを開けバトルが片付くまで知らん顔をしていた方が良い時もある。でも、ベルが鳴ることでリセットされる場合もあったりする。

「訪問時、ベルを鳴らす/鳴らさない?」と言う問に対して私の答えは、
「鳴らした方が良い時もあれば、鳴らさない方が良い時もある」でしかない。

でも、
実際に訪ね、ドアを開けてみなければどちらが良いかは判らない。
なので、
私の対応は、「鳴らしてみる時もあれば、鳴らしてみない時もある」になる。

そして、
先のヘルパーさんに聞いてみた。
「いろんなヘルパーさんと交代する機会がある中で、それぞれのヘルパーさんがどのように対応しているか聞いてみた?」と。
すると、彼は
「鳴らす人もいれば鳴らさない人もいます」と言う。
では、「それぞれのヘルパーさんの鳴らす/鳴らさない理由は聞いてみた?」と言えば
「それは聞いていない」と言う。「ならばぜひ聞いて欲しい」と伝えた。

それは、
「鳴らす人/鳴らさない人」の統計をとるということではなく、
「鳴らす理由/鳴らさない理由」がとても肝心だと思う。
ヘルパーさん一人ひとりが想い描く事を知り、自らの対応を知り、そしてそこに現れる当事者を知る。

連続した当事者の暮らしにおいて、私たちは断続的に介助/支援を担っている。
個々の当事者たちは、
人が代わることで大変な想いをしている場合もあるだろう。
人が変わるからこそ楽に過ごせる場面もあるだろう。

そんな、当事者の暮らしに自分たちはどのように関与しているのか?
「訪問時、ベルを鳴らす/鳴らさない」と言う事柄は、
そんなことをちょっと考える良い機会かもしれないと思った。
ちょっとした機会だけれども、そこには支援にまつわる様々な事柄を意識する機会になるように思う。

追記
話をしていく中でふと想ったことは、
交代のためにやってきたヘルパーさんには、その時の本人の状態を知ることはできない。
でも、交代を待つヘルパーさんの方は今の当事者と関わっているから、
例えば、
ベルを鳴らした方が良い場合は鍵をかけておく、
鳴らさなくても良い場合は、鍵を開けておくと言う手もありかもと思った。
ただ、そうは思いつつも、
訪ねてくる人は、何もヘルパーさんだけではないので、
昨今の状況からすれば、鍵を開けておくというのも不用心かもとも思う。
posted by 岩ちゃん at 10:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421096733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック