2015年07月23日

夏休みとFGC

夏休み!
それは多くの人にとってうれしい日々だと思う。
普段できない事を思いっきりやったり、
日頃の疲れを癒すためにのんびりと過ごす。
普段会えない人に会うという事もある。
又、
風習や習慣によって予定が決められてしまう人もいるだろう。
学校が休みになり子どもの世話に追われる人もいるかもしれない。
又、
「企業の長期休み=仕事がない=収入が減る」と切実な人もいて、
休みの他の仕事を探すという人もいるので、手放しでは喜べない面もある。

それぞれにとっての夏休み。
すなわち、日々の流れとは違う状況にどのように対応すれば良いか?
自らの想いはあったとしても、自らがその想いの実現に向け対応できない、
実現するためには、普段とは違う支援が必要になる人たちの事を考えると、

実は私にとって夏休み前は非常に憂鬱で判断不能状態になる。
それでも何とかしなけれならないので、例年なんとかしているのだが・・・
いつも後味が悪い。
上手くいく場合もあるけど、
それは、その人のその夏の出来事でしかなく、
同じパターンで上手くいく事は決してない。

それは、
うまくいったんだから例年そのパターンでやれば、
当事者にとっても良い事と思い込みたいけど、
私自身を振り返れば決して同じ夏ややってこない。
なのに、
当事者に打かくいったパターンで支援の体制を組むというのは、
押し付けになってしまう可能性も生れる。
でも、
人でもない中で、早々に決めてもらわなければ困ると昨今各事業所から催促され、
そこから生まれる焦りと「勝手に決めちゃえ!」という誘惑とが常にあったりする。

人それぞれの非日常に対し、
自らが希望を描き、自らが準備して、自らが実行・実現する人たちではなく、
重度知的障害の故に、やりたい事が描けず、やりたいと思っても発する事ができず、かといって自分で準備から実行・実現という流れのすべてに人の関与が必要な人の場合。
何をどのように実現すれば良いのか?
明確な依頼があれば非常に楽だけど、
本人からの依頼がまったくない、自立生活をしている重度知的当事者たち。

又、それは重度知的当事者に限った事ではなく、
中軽度の支援を必要とする知的当事者たちにおいても同様。
例年、それなりの夏休みを過ごし、本人も満足しているように見える。(実際に満足してもいるだろう)
ところが、
ある年新たな提案を当事者に振って一緒にやってみると、
翌年の夏休みから要望の幅が拡がるという事はしばしば見てきた。
それを裏返せば、自分が想い描ける範囲の外に自らの希望が会ったにも関わらず、
それを実感する機会を奪われきたともいえる。

そんな風に考えていくと、
なんとも憂鬱な夏休み前。

しかし、
本人自身が過ごす夏休みを、本人を取り巻く人たちと一緒に考えていく。
日々の暮らしから当事者の関心をそれぞれの目で語り、
夏休みでなければできない事をそれぞれが提案してみる。
様々な提案を実行に移すための取り組みを考える。
提案が多ければ、翌年に持ち越すことだってできる。
みんなで提案を検討し、実行に移せば、
単に言われるままに介助したというのではなく、提案したことの結果をみんなで共有する事もできるだろう。

そんな場がFGCだとすれば・・・

おもしろいと思っている。



posted by 岩ちゃん at 11:23| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FGC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422856201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック