2015年08月31日

「失敗は成功のもと」にならない当事者たち

「失敗は成功のもと」というのは、
どこか成功したものが、過去を振り返って言う言葉のように思う。
でも、
私たちは幼い頃から小さな失敗を積み重ねて今日に至っているというのも実際だと思う。

ところが、
これが障害者と呼ばれる人たちにとってはどうだろうか?
自閉症圏にある重度知的当事者たちに対しては、
「失敗よりも成功体験を」と言われる。
それも決して間違いとは思っていないけど、
これがこうじて、
「失敗させない支援」となってしまうと話が違ってくるように思う。

「失敗をする権利」という事を言う障害当事者もいる。
それも間違いではないと思う。
他の人たちと同様に、障害があっても失敗をする権利はあると言うのは、
「失敗から学ぶ権利」だと言っているのだろうと思う。

ところが、
一度の失敗が形となって同じことを繰り返し、事をどんどん大きくする人たちがいる。
一度の失敗が極端なトラウマとなり、私たちが思い描く以上に後々まで事を引きずってしまう人たちがいる。
だから、
「失敗させない支援」というのも解るような気がする。

でも、
なにか腑に落ちない。

過去、警察沙汰になるほどの大騒ぎとなった自閉症を伴う知的当事者は、それ以後その場所へはいけなくなった。又、大好きだった博物館には、騒ぎになるも出かけていたが、
繰り返される騒ぎに「出入り禁止」とされてしまった。

正しく、
「失敗が成功のもと」にはならず、
事が起こる毎に世界が狭められてしまう現実が彼の人生にはあった。

そんな彼は、年月を経る中で、
以前大騒動になった場所に行けるようになり、
「出入り禁止」となった博物館にも行けるようになった。

ガイドヘルパーを使い、おっかなびっくりで数年ぶりに訪ねて行った。
そして、
ガイドヘルパーとして同行してみると、
騒ぎの原因が、
本人が理解しているルールとそこでのルールが違っていて、
その違いに本人もそこにいる人たちも気づかないまま事を進めた結果騒動になったことに気づいた。
又、
文脈なく語る彼の話の内容が相手には理解できず、
なんとか理解してもらおうとする彼の語りがますます理解されず、
逆に「こだわり」「しつこさ」という評価になってしまう。
理解されない彼と理解しようとしない人との結果が「出入り禁止」という事態を生み出したようにも思えた。

原因が判れば、対処の仕様も変わってくる。
ルールが違うならばルールが違うことを本人に伝えれば良い。(単に言葉の上で伝えるのではなく、実際にやってみたり、ルール通りのお店とルール通りでないお店を利用するとか)
相手に内容が伝わらなければ、相手が理解できる程度の話を補足すれば、あとは本人との会話が成立し、
会話が成立すれば、なんてことない話と本人も相手も理解する。

この件においては、
たまたま原因が判ったから対処もできた。
原因を想定できたとしても、本人がトラウマとして二度といかなければ確かめようもないし、
相手の誤解も解きようがない。

その手前で様々な関わりを作った上で、本人が訪ねて行く気になったから実現したこと。

でも、その手前の関わりがなければ、
一度の失敗は二度と取り組むことはない。
「出入り禁止」というルールを自らが変更するための取り組みをすることもない。

結局、
自閉症圏にいる知的当事者にとって、
「失敗は成功のもと」といえるのは、
身体当事者たちが「私たちも失敗から学ぶ権利」を求める事の上に、
「学ぶ権利」を実行するための支援が必要なんだと思う。

そして、
「失敗しても、支援があれば大丈夫」という事があってこその「成功のもと」なんだろうと思う。

ただ、
そんなことを言っても、何が失敗で何が成功なのか?という問いが常にある。
支援者が考える成功を本人に導くことが支援だと誤解する人達は多い。
又、
そもそも、失敗は全て本人の責任なのか?
世の中には様々な人がいて、様々な人がいるから常におりあうことが必要なのに、
一方的な「世間の常識」を当事者に押し付け、それが守れない時に「失敗」としてしまう価値判断が歴然とあったりする。

「支援・支援」と偉そうにいう私の中にもそれはある。

「失敗」が「成功のもと」になるとは、
言うは易しく行うは難しということになり、
まだまだ、当事者たちに様々な事柄を押し付けている私がいるように思う。
posted by 岩ちゃん at 13:25| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 支援を模索する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして
寄らせていただいた記念にコメントさせていただきました
良かったら私のブログにも是非遊びに来てください
Posted by まる子 at 2015年08月31日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック