2015年09月11日

成年後見制度利用を推進するならば・・・

成年後見制度は、意思決定に困難さを抱える人たちの権利を護るためにあると聞く。

しかし本当に、必要とする人たちの権利擁護の手立てになっているのだろうか?は、非常に怪しくその趣旨を理解しつつも使うに使えないと思っている。
そして、使わずとも地域の中で自らの権利が保障され暮らしていける方法を様々な形で模索し続けている。

なので、
私が直接かかわる重度知的当事者たちのほとんどは、被後見相当であっても後見制度を使わず、
当事者の周囲にいる人たちと様々な形で協議し、本人の権利の保障と自らの暮らしを支援している。

でも、
知人の中には、様々な理由で被後見人となった人たちもいる。
例えば、
・後見人をつけなければ施設入所させられてしまう。
・親の財産相続を巡り不当な扱いをされる。
・事業所に囲い込まれ、本人の暮らしが脅かされている状況からの救出。
等。
(中には、私たちと出会う以前に被後見人となった人もいる)

本人の権利が脅かされる状況下で、後見人をつけて対処するという選択は否定しない。

ところが、
現状の制度では、一度被後見人になると一生被後見人として過ごす事になる。

例えば、
遺産相続をめぐる事柄で、後見人をつけざるを得ない事はあると思う。
事を解決するために必要となる後見人はありだと思う。
必要とするのは相続という「事を解決する」点にある。
しかし、「被後見人になる」事を選ぶと、
解決した後も被後見人として過ごす事になる。
その事によって本来必要ない事までも後見人に判断されてしまうことになってしまう。

成年後見制度利用推進法案が進められている。
最近、後見人の不正問題がしばしば取り上げられ、推進をわけもわからず後押しするように仕向けられているように感じる。(財産横領を巡っては、金額だけが報道されているが、実際の件数は何件何だろう?資産家であれば、億単位の不正もできる。しかし、生活保護受給者の場合、横領しようにも横領するお金が無かったりする。制度利用件数に対し、前者であれば件数は極端に減り、後者であれば極端に増える。単に金額で右往左往するのは、生活保護の不正受給を巡る話に乗っかり改悪を重ねてきた状況をなぞる事になるように思う)

そもそも成年後見制度の問題点は、
人を「被後見人」という形で規定してしまうところにあると思う。
「被後見人」=「意思決定できない人」に代わり、後見人が決める。
悪意のある人もいるかもしれないが、
本当に後見人となった者が、被後見人の意思をしっかりと汲み取り執行できるものかとも悩む。

不正が起こるのは、後見人の資質に委ねられている面があまりに多いからだと思う。
しかし、資質に委ねず書面やシステムを構築・強化すればするほど、
後見人は、無難な線で後見業務を担うしかない。
不正はなくなったとしても、本人は後見人が裁かれない範囲の中でしか暮らしていけなくなる。

後見制度は必要と思いつつ、現状の制度では使えないという立場。
だから成年後見制度を見直す必要があると考える。

市内後見のような考えもあれこれ模索する。

でも、
必要なのは「事柄を解決する」事になるならば、
個人を被後見人として一生縛るのではなく、
事柄を解決するために後見人を存在させるようにすれば良いように考える。

すなわち、
事柄限定で後見人をつけ、
事柄が解決されれば解任される仕組みが必要だと思う。
又は、
人の暮らしに関わる事なので、事柄のみに関わるだけでは解決が遠のくこともあるかもしれないので、
後見期間を設けるのはどうだろう?
例えば、
後見期間は最長3年間と決める。
3年経てば解任を前提にする。
但し、更新の必要性が明らかならば更新も可とする。

そうすれば、
事柄の解決のために後見人が第三者として関与できるし、
解決すべき事柄に、当事者と相手方双方が納得いく形を生み出せるだろう。
期限があれば、下手な不正はできない。
期限内にすべきことが明らかな分、取り組む事が明確になる。
期限内に事を終えるためには、当事者と日常的に関わる人たちとの連携が不可欠になる。
期限があれば、被後見人が亡くなるまで後見業務が続くという不安定さがなくなる。
期限が定まっていれば、期限後別の人の後見を担う事もでき、現在後見人の担い手が不足している状況も改善されるだろう。

そして、
制度を巡り解決しなければならない課題は他にもたくさんある。
しかし、
後見の期限が定まっていれば、とりあえずは利用する事もできる。
制度によって縛られる状況があるならば、制度利用を止めれば良い(自動的に終わる)ということになる。

なので、
あれこれ改善して欲しい事は山ほどあるが、
利用を推進するために制度や法律を変えるとすれば、
手っ取り早く、「後見期間を定める」という条文と「更新理由を明らかな場合に限り更新を可とする」という条文を入れてもらえれば、結構使える制度になるかもしれないと思う昨今です。
posted by 岩ちゃん at 13:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425725564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック