2015年10月07日

Kさんの段取りと支援者の段取り

今朝、自閉症を伴う重度知的のKさん宅へ介助者として伺う。
泊り介助を担っていたNさんが調理中。
「交代時間直前に依頼されました」との事。

依頼の内容は、焼ウィンナー・コーンスープ・アップルパイの3品。
焼ウインナーとコーンスープは仕上げ段階で、アップルパイは手つかず状態。
Nさんがそのまま作業をしながら引継ぎ。
アップルパイのみ私が作る事になった。

その他あれこれ引き継ぎをしている所に、
家主のKさんが現れる。
私は「Kさん。私がアップルパイを引き継いで作りますね」と言いかけた瞬間に、
ドタバタと暴れ出す。キーキーと声をあげ、「ハイ!ハイ!」と応える。
(この場合の「ハイ」は「了解」の意というよりも話しかけないでの意)

それを見た私は「ごめん!ごめん!」と謝る。
それは、たぶん彼なりの用事があって出てきた所に、私が声をかけたと思ったから謝りました。

でも、
もしかしたらアップルパイの件かもしれないとも思いました。
すなわち、
Nさんにアップルパイ作ってもらおうと頼んだのにNさんは帰ってしまう。
私にアップルパイを作ってもらいたくないのに、作ろうとされている。

そんな風に想い描くと、
Nさんに対して、「アップルパイができるまで介助を延長して」とお願いする。
Nさんがいなくなってしまうのだから、Kさんにアップルパイをあきらめてもらう。
という対応が頭に浮かぶ。

アップルパイが好きなKさんだと知っている私は、
いづれ私にも作らせてもらえるよう努力する。
無理くり作ってみて反応をみるという事を考える。

私は「アップルパイを作る」事自体誰が作っても同じだと思う。
でも、同じでない自閉症の彼。
そこも理解し、さらに「依頼する」という困難さもあれこれ思い、
私はいかに応えていくか等と考える。

「私がアップルパイを作る」と伝えるとドタバタ落ち着かない彼。

あれこれ考えるもふと頭を過った事。
泊り介助のNさんが交代時間のためにできなかった事を、
「アップルパイは、後のヘルパーさんにお願いしておきました」と言って帰る。
私は「Nさんから引き継いだよ」とその後を付け加える。
すると、Kさんは私にやらせてくれる。
そんな事を思い出した。

そして、
Nさんに改めて「アップルパイを作るの。お願いしましたから」とKさんに伝える。
Kさん「はい!」と自室から応える。
(先の「ハイ!」ではない雰囲気)

改めて、「アップルパイを作りますね」と私が言うと。
「はい」と応えるKさん。

結局アップルパイは、無事つくる事ができた。

そんな朝の介助を振り返ると、
Kさんは「Nさんにアップルパイを作って」と依頼する。
その依頼に応えるという事は、「アップルパイを作る」に応えるのではなく、
「Nさんがアップルパイを作る」という事。
それが叶わないのであれば、
「Nさんにアッププルパイづくりを依頼」したが、「Nさんに」の部分の変更を求め、
その了解の下「私がアップルパイを作る」という事にしなければならないのだろう。

そこを「同じアップルパイ」と想い描き、それをなぜ作らせてもらえないのか?
なぜ、Nさんでなければならないのか?とだけ描いていては、答えは見えない。

今朝のKさんにとっては
Nさんであっても私であっても良かったのだと思う。
ただ、依頼した相手はNさんだから、Nさんから私への変更を了解できれば良かったのだと思う。

でも、
その事を端折り、「アップルパイを作る」事のみ目を奪われていると、
Kさんにしても私にしても、互いに了解が取れない中で先々しんどくなっていくのだろうと思った。

当事者が描く「段取り」は、ともすれば「こだわり」と捉えられる。
支援者が描く「段取り」は、「常識」として暗黙の中に置かれ、互いの常識が一致していなければ、当事者の側の能力や責任にされてしまう。

「段取りを組む」というのは、
お互いが想い描いている事を交換し合い、互いに結果を出すために組むんだと思う。
「組む」という中にある、互いの「段取り」
私たちの「段取り(無意識下のものも含む」を押し付けなければ、上手くいく事があるんだというだと思いました。
posted by 岩ちゃん at 14:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック