2015年10月17日

身体的虐待とネグレクト

重度知的当事者と言っても、個々の当事者は当然ながら様々。
「行動障害」を伴い片時も目を離せられない人もいれば、
声かけしなければ行動しないという人もいる。
又、慎重に事を運ぶ人もいれば、とりあえずやってみた後に考えるという人もいる。

そんな人達の一人暮らしの場面。

ヘルパーと二人っきりでやり取りしている場面は、当事者自身が語らなければ密室状態となり、
そこで何が起こっているかは、ヘルパーと当事者を信頼するしかないという状況であったりする。

それは、
ともすれば入所施設と同じ状態。
ヘルパーからの報告を信じるしかない。
逆に疑い出せば限がなかったりする。

そんな中で起こる虐待。

「行動障害」を伴う人の場合、その手前に様々な支援の不十分さがあったとしても、
目の前で起こる事柄をヘルパーは懸命に止めなければならない事があったりする。
本人の命にかかわることもあれば、第三者に危害が加わるということもある。
なので、そんな状態になった時、懸命に本人を静止する。
しかし、「行動障害」が本人の一つの表現であったとしたら・・・
何を表現しているのかを意識が及ばないと、
静止するヘルパーの行為は、後に身体的虐待へとつながっていく。
「本人がそんな状態に・・・」という目に見える事柄を理由に、
目には映らない(見えない)本人の意思が「それでもある」とはなかなか意識できず、
力を持って当事者を押さえつける。

「本人に意思がある」という事を絶対条件において支援を担うということは、
頭で理解できても、その現場においては、様々な形で力による制御がまかり通り、
それが常態化することで「身体的虐待」が極当然のようになってしまう。

人は、何かが足りなくて虐待するのではなく、
そもそも、人は弱者を虐待する。

そんな考えて当事者と付き合っていると、
虐待してしまう私自身をいかに他の力を借りて、制御するかを考える。

身体的に相手を制御してしまった私自身をさらけ出し、
その手前にある「本人の意思」と「私自身の見立て」とのズレを、
他者との関係の中で検証し、次の聞かい次の機会へと活かすことを考える。
又、
自分自身の支援の不十分さを当事者に詫びつつ、
関わり続けられる方法を見出そうとする事で許しを請う。

身体的虐待は、たとえ密室状態であったとしてもやってしまった私自身が存在し、
地域の中で様々な関係が当事者の周囲にあれば、いづれ白昼のものとなり、
一緒に考えていくしかないという流れがあったりする。

ところが、
非常に厄介なのは、
虐待の一つに位置づけられている
「ネグレクト」という話。

介助者が声をかけなければ行動しない重度知的当事者の場合。
彼らも又、何も考えずに介助者の指示を待っているわけではない。
様々な意味があって、事象としては「声をかければ行動する」ということ。
例えば、
自らが動くと「叱られた」という経験が数多くある。
いろいろやりたいことはあるがどこから初めて良いか解らない。
介助者に気を使いすぎ、介助者のことが理解できないから動けない。
等々。

只々、じっと動かない重度知的当事者。

介助者ノートを見ると、
「今日は休日。仕事の疲れからか、出かけようとせず眠そうだったので、昼寝を勧めたら、一眠りしました」とあったりする。
たしかにそんな日もあると思う。
しかし、
休日の度に
「今日は眠そうでした」
「元気がなく家で過ごしました」
「本人の要望を待っていたら結局一日自宅で過ごしました」
等々。
「のんびりと過ごす休日」が現れたりする。

しかし、
「最近の介助者は、目新しいことを提案してくれないからつまらない」
「提案を待っているのに提案してくれないから、結局家で過ごすしかなかった」
などと本人が描いていたら?

親もとで過ごしていれば、休日ガイドヘルパーを使う時、
なんやかんやと親からの指示があったり、「外出」という前提があるのでヘルパーは当事者に対してあれこれ提案を考えてくる。

これが、一人暮らしをしている人の場合、
誰も、何も、指示してくれない。
当事者とヘルパーとで考えなければならないのだが、

先ほどの「行動障害」を伴う当事者のように、常に目が離せられないという状態ではない分、
目を話すことが、実は「ネグレクト」という「介助放棄」状態に陥っている場合があったりする。

それでも暮らしは廻っているので、
そのような状態になった時、
介助者は自らがそのような状態を招いていることに気づかない。
又、「元気がない」というように本人の状態を理由にできてしまうし、
「暴行の跡」というように目にわ見えない状態に、
周囲もその理由が間違っているかもという疑問は抱かないし、
疑問を抱くには、
毎度現れる休日を比較して報告を聞き、検証しなければ見えてこなかったりする。

そんなことを思うと、
実は心的虐待よりもネグレクトという介助放棄による虐待の方がより深刻で、
表面化しにくい状況のように思う。

そして、
重度の知的当事者たちも、
「とりあえず廻っている」と思われていることに耐えられなくなる時があたったりする。
満を持し行動に移った時、
周囲は、「行動障害」と称しその「行動」を制御すれば、
ネグレクトという虐待を受けている上に、その抵抗としての抵抗としての表現も否定される。

そんなことを考えつつ、
いづれも虐待は虐待。

何を虐待とするかは、一人で考えても見えてこない。

だからこそ、
自らの介助のあり方を意識し、
自らの介助をオープンにし、
他者の目と他者の想いを互いに共有し合いながら、
その先の介助を考えなければならないと思う。


posted by 岩ちゃん at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427741389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック