2016年07月15日

差別と戦う?差別している自分と戦う?

差別されていると気づいた当事者たちが声を上げる。
差別解消法は、長年声を上げてきた人たちの一つの果実だと思う。

当事者たちの声を聞いて、私は当事者たちを差別していると気がつく。
そして、私はそこに差別があると気づいて、差別されている当事者たちとともに声をあげる。

「私は当事者とともに声を上げます。差別と戦います」というのは、
差別されている当事者たちが上げる声に対する支援にはなるが、差別している我が身には何も起こらない。
否、当事者たちとともに声をあげている事に高揚するかもしれない。
「やってる感」「戦っている感」は深まっていくかもしれない。

でも、
差別している我が身はどこへ?
一緒に声をあげる事が免罪符になってしまうような気がする。
それ故に、「差別している側」に立ち差別しているわが身のこととして捉え、「差別している私」とこの社会を問う必要を思うが、それって非常に苦しい。
いつでも問うことを辞められる誘惑がつきまとう。
当事者のためであって私のためではない。
私自身が差別をやめたからといって、
大多数の私の側が変わらなければ、
差別されている人たちに対する差別はなくならない。
知的当事者たちに対する差別は、実は差別している側の解釈でどうにでもなってしまう。
許容範囲を増やすことはできるが、根本的な事が見え始めると、辛くてやっていけない。

なくならない差別に対し、当事者たちは戦い続ける苦しさを持つ。
生死をかける気構えを持って取り組む人もいる。
そこそこの妥協点で収まる人もいるだろう。
それらは、どれも自らの実感や自らの決断の中で行われる。

しかし、
差別している我が身においては、
差別していると言う実感を抱くこと自体難しい。
実感を抱けば苦しい。
ではどうすれば良いのかと自らの主体をかけ方にさえ悩み続ける。

差別されている側は自らの実感に基づくことができる。
しかし、
差別している側は、自らが実感を抱くだけでは何も解決できない。

とは言うものの、
差別していると言う実感を抱くことからはじめなければと思っている。
そして、そう思い始めてすでに35年程経っている。

何も変わらない現実。
ますます差別しなければ我が身が危うくなってしまう現実。

そこに抗するのも息切れしている我が身を想う。
posted by 岩ちゃん at 18:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック