2010年11月09日

世界の片隅で支援をつぶやく

*****     twitterからつながる支援の地平   **********


学習会:課題は続くよ、どこまでも
講師:岩橋誠治さん  (たこの木クラブ)http://blogs.dion.ne.jp/takonoki/

日時:12月9日(木)18時半会場、19時から21時
場所:鶴橋eトコ (http://homepage3.nifty.com/kimrin/group/group01.html
JR、近鉄、地下鉄千日前鶴橋駅徒歩10分
参加費:資料代として500円


分野を越えて人とつながる手段のひとつであるtwitter。
それぞれが勝手に「支援」「家族」「障害」についてつぶやいていたところ、
このような企画が実現しました。
東京多摩で知的障害のある方たちの自立生活を支えるたこの木クラブ代表岩橋誠治さん(@iwatyan1963)をお迎えし、
語りあいます。

場所は、大阪鶴橋、家族を超えたつながりを生みだす場である
eトコ(@etokohouse)にて行います。

参加希望者は、発信者までお願いします。


企画者:@michael_buzz、@ttsubasa、@masapi_n


★たこの木クラブとは…
東京都多摩市にある地域で暮らす障がい当事者
(主には知的障がい・自閉症の人たち)があたリ前に暮らすことを願い、
当事者の「自己選択」「自己決定」「自己実現」を支援している団体です。

★岩橋誠治さんの著書
寺本 晃久、末永 弘、 岩橋 誠治、岡部 耕典
『良い支援?―知的障害/自閉の人たちの自立生活と支援』
生活書院、2008年


********************************


 10月はまったくブログを更新しなかった事が発覚!!
1ヶ月も更新しなかったら訪問者も減るわなぁ〜。
更新してなかったのは、それこそこの記事の前に書いた事柄がここ1ヶ月間倍に増えていると言う事もある。
でも一方で、上記企画が生まれるほどに最近ツイッターにはまっていて、140字以上の文章が書けないと言う事も大きいように思いますね。

私自身もまさかツイッターつながりでこのような企画が生まれるとは想像もしていませんでした。
それほどに熱い方たちの企画なので、私の話よりも企画者や集まる方たちのすごさに触れられるのではないかと私自身も楽しみにしています。

普段は地元中心で活動しているので、生まれ育った大阪にさえめったに行かない状態。
ツイッター仲間だけでなくたこの木を知る方たちともお目にかかりたいので、よろしければ是非ご参加下さい!

posted by 岩ちゃん at 20:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

新刊発見!

ビニール袋に入れられた2冊の本をひろばで発見。

タイトル
『看護とケア 〜心揺り動かされる仕事とは〜』三井さよ著(角川学芸出版)

帯には、
看護や介護に悩む人たちへ
宮子あずさ氏(看護士、文筆家)推薦
「三井さんは、現場ではたらく人へのまなざしが温かい。こんな本を待っていました」
ケアの現場で起きる様々な問題や葛藤について、気鋭の社会学者がその解決方法をやさしく解説したケア論の入門書。あなたのいまの状況を変えるヒントが必ず見つかります。

とあった。
 「誰が置いていったのか?」と思い後ろから本をめくる。
なんと、「2010年3月5日初版発行」とあるではないか?

もしかして、三井さんが出した本?
置いていったのは、三井さん本人?

狐につままれた想いでスタッフのYさんに聞けば、「こっそり置いていったみたいですよ」との事。

この1年彼女とは結構密にお付き合いさせてもらった中。
そもそも本を読まない私なのだが、もくじを見て、「はじめに」のところも目を通す。

第1章 「できない」事は悪いことか?
第2章 心揺り動かされる 〜ケアと感情・心
第3章 「人として」なのか、職業なのか
第4章 一対一であり、一対一でない
第5章 「当たり前」を問い直す

なかなか、魅力的な章立てがあり、本を読まない私も読んでみたくなる本である。

 看護と言う場面と私たちの場面とは一見違うような気がする。でも、彼女の普段を見ていると、職業としての現場ではなく、そこに人が存在している事を常に意識している。人が関わると言う共通項があるから、看護の話なのだろうが、看護の話でない本として、読めそうな予感がする。

 本を読まない私がもし最後まで読んだなら改めて感想を書こうと思っている。 

ちなみに、
たこの木クラブへようこそ」のブログへ行くと、
アマゾンで購入できるのでよろしく!!

posted by 岩ちゃん at 21:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

新年最初の当事者の会のお知らせ

2010年1月の第1金曜日は1日と言う事で、今月のみ第2金曜日に当事者の会を開くとの事です。
皆さんご参加ください!!

2010年1月の当事者の会
posted by 岩ちゃん at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

障害があるからこそ普通学級がいい

本日、上記タイトルの本が著者のサイン入りでひろばに届きました。(片桐さんありがとうございます)

改めてご紹介します!!
タイトル:『障害があるからこそ普通学級いい』
      「障害」児を普通学級で
        受け入れてきた一教師の記録
著者:片桐健司 
発行:千書房 
定価:本体1600円+税

はじめにと言う箇所で著者は、
「障害」があるからこそ普通学級が言い、という本題は、実は本意ではない。「障害」があろうとなかろうとみんないっしょが良い、と言うのが私の体験から得た本当の気持ちである。しかし、「障害」のゆえに普通学級に入れないという現実があるとき、それは違うと言う思いを「こそ」に込めて、この本題にした。

とあります。

 教師と言う立場で、その始まりは決してすべてを理解し、すべてを受け入れて始まったのではない事がまず初めに出てきます。
 そして、のぶちゃんと言う子どもとの出会いやクラスの子ども達の様子から筆者自身が変えられていった多くの出来事がそこに書かれているように思います。

 本を読むのが苦手な私ですが、出会いや出来事が綴られてこの本は、たこの木クラブをはじめた私自身のきっかけとつながるのもを感じます。

ぜひ一度読んでみてください。
(たこの木においてあります)

詳細は⇒千書房へ   
posted by 岩ちゃん at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

全国交流集会IN東京2日目

 昨日は多くの方々と話しすぎて少々声の出ない体調でしたが、午前中の分科会に集まった方々の顔を見て元気を取り戻し話をしました。

第4分科会の「地域で生きる」と言うテーマ
私が与えられていたのは、「たこの木22年のユニークな取り組みを発表して欲しい」と言うことでしたが、30分と言う限られた時間で何を発表すれば良いのか?今日の本番直前までまとまらずに臨みました。
とりあえず事前に出したレジュメは、
知的障がい者の自己選択・自己決定・自己実現の支援を求めて〜その先の何かを求めて〜

 昨日「個別の話」で終わってしまった事をいかにつなげるかを想い描きながら、ふと思いついたのは、
「子ども達どうしの関係づくり」として始まったたこの木クラブの取り組みと子どもが大人となっていく中で、子ども達が選択した事柄について何を大事に様々な事を担ってきたかを中心に話を進めました。

 そして、たこの木としては、CILや要求者組合と言った重度身体障がい者の自立生活運動やピープルファーストと言う知的当事者の運動や共同連の「ともに働く」と言う事と就学運動としての「障害児を普通学校へ・全国連絡会」が何の違和感もつながるのに、周囲は決してそうではない状況が何なのかを考えつつ話をしました。

 それは、たぶん、全国連絡会が単に「学校」と言う器の問題としてそこから排除される障がい児の問題を長年になってきたからではないかと思いました。
 たこの木が発足した当初も、多摩では就学運動や統合保育を担う人たちが「ともに生きる」事を願い運動を展開していました。
 その中で、「大人たちは真剣にともに生きることを考えているが、当の子ども達はどうだろうか?」「大人が描くともにの想いを、子ども達はその出会いの中で自然とつかみとり、私たちが言葉で理解しようとする課題を何の苦もなくクリアにしている姿」を見て「子ども達どうしの関係づくり」をテーマに掲げたこの木が始まったことをまず語りました。
 そして、子ども達の成長とともに「障がいの故に閉ざされている事柄に関わってきた事は、まさに今回の集会で掲げる「これ以上、子ども達を分けるな!」と言うことであり、学校と言う場にこだわってきたその中身やその中で育った子ども達が今何を思い何を願っているかをもう一度考え直すことから始めれば、自立生活の事や就労の事など、様々な取り組みは一人一人の取り組みに対して大きなヒントとなると言う点を語って来ました。

 その事がどこまで伝わったか?
たこの木は「子ども達どうし」と言うテーマから、子ども達にとって一番影響力のある「親」の参加は常に別立てでつくって来ました。
 全国連は、様々な人が集う場であるのですが「障がい児の親と教職員」と言うつながりがどこも強いように思います。
 なので、学校を卒業すると後は「親」だけが残ってしまう。
 その辺りを全国連としてどのように考えるのか?分科会を終えた後、全国連の重鎮の方々を捕まえ伺ってみると、その辺りの議論の必要性を感じつつも結局は議論していないと言う結論が…

 義務化から30年。「普通学級を目指す親が少なくなった」と言う声が集会中あちこちで聞こえてきた。
 様々な子ども達がともに育つ事を願い活動してきた先に待っているものが、親と子の関係のみでは、就職斡旋や施設探しに長けている養護学校に方が魅力的に移るのは当然の事のようにも思う。
 だからこそ、これからの30年。「ともに育った」子ども達自身がこの先の暮らしをどのように作っていくのかの議論を早急に求めていく必要があると思った。


ランキング



このブログが多くの人の目にとまり、
地域で暮らす障がい当事者の事を思う人が増えることを願い、
一日一回のクリックにご協力下さい!!  

※只今、たこの木クラブでは女性スタッフを募集しています!
posted by 岩ちゃん at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

小山翔平さんが見つかりました

昨日と本日午前中、あちらこちらから協力の申し出をいただいたところですが、
14:34 「無事千葉県鴨川で自転車と一緒に保護された」との一報をいただきました。

取り急ぎ、ご報告まで

皆さん!
ご協力ありがとうございました。
posted by 岩ちゃん at 19:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

小山翔平さんをさがしています


小山さんビラ

←クリックすると拡大します!




昨日の記事で取り上げた小山翔平さんのビラができました。

 昨日「さがす会」の会議に参加しこれまでの様子を伺いました。
 未だどこでどのようにされているのか?
皆目見当のつかない状況です。
 
東京府中市周辺を未だ自転車で走り回っているのか?
電車に乗って遠くまで行っているのか?
どこかの福祉施設などで保護されているのか?

家電量販店や郵便局が好きらしく、ケーズデンキの店内をうろうろしていた。
昭島や立川や狛江などにも良く出かけていた
等々。

 私自身あった事のない人ですが、地域で暮らす知的当事者が行方不明になっていると言う事実を人事でなく感じています。

 もし、電車に乗ってどこか遠くまで行っていたとしたら…

 些細な情報でも結構です。
見かけた方・何か情報をお持ちの方は、
ぜひ、ご連絡下さい。

 又、みなさんのHPやブログやメーリングリスト等で呼びかけたいただければ幸いです。
 尚、その際には恐れ入りますがご一報をたこの木までお寄せいただくか、下記Comments・TrackBackに書き込みをお願いします。

多くの皆様のご協力をよろしくお願いします!!
posted by 岩ちゃん at 12:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

小山翔平さんを探しています!!

 「9月3日の夜から出かけたまま未だ帰ってこない東京都府中市小山翔平さんと言う方がいる」と言う電話が、その方の知り合いから日曜日にあり、その後まだ見つかっていないと言う。
 詳細や協力依頼については、追って又呼びかけていきたいと思う。

 たこの木でも過去何度も行方不明になった人たちの捜索に関わった事がある。
 半日で見つかる人・翌日の人・2〜3日後の人等、最長で10日間都心を探し回った事もある。
 見つかった場所も、近くの交番から遠くは岡山までいろいろ。
 一人の時間を確保するために遠くまで出かけ、帰りは警察に駆け込み家族が迎えに行くと言う確信犯もいた。

 毎回思う事は、
まずは、家族や周囲の人たちの心労。
今回も自閉症というハンディを持ち、どこでどのような状態になっているかを想像すると一日も早く所在がわかることを願うばかりです。

 そして、一日も早く見つけるためには多くの人たちの協力が不可欠。そして、多くの人たちの協力を得るための核となる体制が必要。

 私自身直接小山翔平さんの事を存じていないのですが、これまでのたこの木を介しての経験を提供できればと思い、連絡をお母さんや小山さんの周辺の方々と連絡を取り合っています。
 
 又、「住所・名前は言える」との事ですが、「府中市」以下の住所しか言えないらしく、もし広島の方まで言っていたら、せっかく住所が言えても理解されず、どこかに保護されたままかもと思い、広島の知り合いにも連絡を取ったりしています。

 詳細並びに体制が整ったら改めて皆様にご協力をお願いすると思います。

 その折には是非ご協力を!!
posted by 岩ちゃん at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

お出かけ下さい! 〜こんな所でお目にかかれるかも〜

いやはや8月も既に25日。
今年の夏は結局休みなく動いている。
そして、もうすぐ9月
食欲の秋・学びの秋・運動の秋
こんな所でみなさんとお目にかかれるかも。
どうぞお出かけ下さい

☆ご存知すいいち企画
毎週水曜日15:00〜18:00(最近は18:30ごろまで)
場所:たこの木ひろば
※普段外に出かけている事が多いですが、この時間帯だけは、確実にたこの木ひろばが開いてます!!
9/2は神戸女子大の先生がたこの木の活動を聞きとり調査に来るとの事。みなさん、思う存分自らの想いを伝えてみては?

☆当事者の会
9月4日(金)19:00〜21:00
場所:調布市総合福祉センター
※毎月第1金曜日に三多摩地区の知的当事者が集まっています。
昨今のテーマは、「当事者の会の進めかた」
「当事者の会だから当事者だけでやる」「当事者の会を開くためには支援が必要では?」「当事者と支援者を分ける必要はない」等当事者自身が支援をどのように位置づけ、会をどのようにしていくかで盛り上がっています。
当事者のみなさんはもとより、支援を担う人たちにとってもとても有意義な場です。
※その後2次会もあります。
2009年9月当事者の会ビラ

☆多摩市在宅障がい者の保障を考える会対市交渉
9月10日(木)15:00〜17:00
場所:多摩市役所
※地域で暮らす知的当事者・重度身体当事者の介助保障をめぐり障がい福祉課と交渉を行います。

☆サポートネットあすはヘルパーミーティング
9月11日(金)18:30〜20:30
※ガイヘル情報交換会では常連のサポートネットあすはのヘルパーミーティング。
今回は、「良い支援?」にまつわる話を私がします。
サポートネットあすはHP

☆調布ゆうあい福祉公社ヘルパー研修
9月14日(月)14:00〜16:00
※知的当事者のNさんが講義をするのでその支援で出かけます。

☆ガイヘル情報交換会
9月18日(金)19:00〜21:00
場所:三鷹市のどこか
※ガイドヘルパー・事業所コーディネーター・ガイヘル利用者等々が集まり、ガイヘルに関する情報交換を行っています。
昨今は、ガイヘルの中身についての情報交換も行っています。

☆障害児を普通学校へ・全国連絡会
 第14回全国交流集会
9月19日(土)10:00〜20日(日)15:30
場所:オリンピック記念青少年総合センター
参加費3,000円(1日参加2,000円)
  (19日18:30〜 交流会 参加費5,000円)
詳細は⇒障害児を普通学校へ全国連絡会
※19・20日の第4分科会「地域で生きる」で発題します。

☆↑上記集会に参加のため
たこの木交流会はお休みです。ぜひ、みなさん集会にご参加を!!

☆たこの木日帰りバス旅行
9月23日(水)
集 合:8:30 たこの木ひろば
解 散:18:00頃 たこの木ひろば
内 容:ぶどう狩り&バーベキュー他
参加費:交通費4,000円〜5,000円 ぶどう狩り1,000円 昼食代1,500円
(参加費は、人数によって変動します)
※当事者の皆さんに限らず、たまには秋の味覚狩りに出かけましょう!!


ランキング



このブログが多くの人の目にとまり、
地域で暮らす障がい当事者の事を思う人が増えることを願い、
一日一回のクリックにご協力下さい!!  

※只今、たこの木クラブでは女性スタッフを募集しています!
posted by 岩ちゃん at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

お知らせ!!

【障害を持つ子どもの学校生活を考える会】
第4回シンポジウム「障害を持つ子どもの学校生活を考える」
みんなで話そう!分けない教育

日 時:2009年6月21日(日)13:30〜16:30
場 所:西東京市南町スポーツセンターきらっと
プログラム
 第1部 講演「ぼちぼちいこか −ええとこどりの「ともに」ではなく−
    山口 正和さん
 第2部 討論会「みんなで話そう!分けない教育」

詳細は⇒シンポジウムビラ

【ガイドヘルパー情報交換会】
6月のガイヘル情報交換会のお知らせです。

日 時:2009年6月26日(金)19:00〜21:00(+2次会付)
場 所:西久保(にしくぼ)コミュニティーセンター
テーマ:当事者の会との関わり方
    新型インフルエンザへの各事業所の対応

※2次会に参加される方は、6月23日火曜日までに、メーリングリストかサポートネットあすは(/FAX0422-36-5151)までその旨お教えください。

ガイヘル情報交換会ビラ

 

人気ブログランキングへ

一日一回のクリックにご協力下さい!
posted by 岩ちゃん at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする