2011年03月16日

何事にもプラス思考で・・・

11日の大震災以降、未だ被災地は被害状況の把握も終わらぬ状況。さらに福島原発の報道は、被災地以外の人たちにも大きな不安を与え、さらに昨夜は東海地方で大きな地震があり、「日本全国大地震が起きてしまう」と言う不安を抱くのが正直なところだと思います。

それは、首都圏で始まった買占め状態がどんどん地方にも拡散し、情報が錯そうしますます不安を煽られているように思います。

私自身も周囲の騒動に知らず知らずの内に巻き込まれて気持ちばかりが焦り、いつもなら何てことはない事柄もちょっとした言葉の不足から誤解を招き、かえって余分な能力を周囲の人や自分自身にも課しているように感じます。

『まずは、落ち着け!!落ち着こう!』と言い聞かせても、次から次へと入る情報を前になかなか落ち着けない日々のように思います。

そして、日々支援と言う他者に対して担っている私としては、「私自身は何とかなる」と思っていても、その「なんとか」を他者に押し付ける事は出来ないと自覚しているので、この状況下で何をどのように思い描いているかわからない知的/発達の当事者の支援は、ありとあらゆる状況に対処しようと思い描き、焦るも何もとにかく思いつく限りの事をやらなければと動き回り、そのことがかえって周囲を焦られてしまっているのではないかと反省しています。

「焦るな!落ち着け!」と言っても昨今の状況の中そうならない私自身。
ならば、せめて事柄のとらえ方だけでもちょっと変えてみる事を考えています。

例えば、
不測の事態を了解できない知的/発達の当事者たちが事の次第を引き受けられず動揺している姿を見る時、
彼らにいかに落ち着いてもらうか?落ち着ける状況を作るか?と躍起になるよりも、
実は、彼らが動揺しているのは私が動揺している姿を見て動揺しているだけと考える。
そう考えれば、私が動揺しなければ彼らも動揺しない。
逆に言えば、彼らが動揺している時実は私自身が知らず知らずの内に動揺してしまっていると見る。
ならば、彼らは私にとってのバロメーターとして存在し、彼らがいる事で不必要な動揺やそこからくる燃え尽き症候群を未然に防いでくれる存在としてなくてはならない人になる。

例えば、
計画停電なるもの。
計画と称しつつ実際その時間になってみないと停電になるの中ならないのかわからず、過度に緊張してしまう。
でも、被災地の人たちを想うとある日突然津波が襲ってきて計画停電どころか常時停電の事態になっている。
ならば、この計画停電は私たちの避難訓練と言う見方をしてみる。
普段避難訓練と言えばどこか予定調和的に担われているが、今回はその応用編としてとらえあるのかないのかも含め、なった時にどのようなことが必要になるのか?人はどのような心理状態になるのか?災害にあった時の連絡体制や当事者や支援者の状況や支援のあり方や行政とのつながり等々いかに作っていくか?
机上のシュミレーションではなく実際役所は大混乱している。普段良いことを言っている行政も各方面からの問い合わせや相談に、実は普段から描いてる本音が見え隠れする。

又、このような状況の中で、被災地から離れた西の方の人たちとの連携もいろいろと思考できる。
普段必要と思っていても、日々の支援に追われお互い想いを形にすることができない。
でも、今なら必要に駆られリアルに連携も可能になる。

こういう事態に何がどう必要になるか?
事態に陥らなければ必死に考えない自分も、この事態の中では必死に考えるしかない。
必死に考えたことはぜひ次に生かしていきたい。
現場は、大混乱の中で冷静に判断できない事もあるが、
遠く離れた人たちの冷静さが大いに役立つことがたくさんあると思う。

まして、阪神淡路大震災の折に経験した人たちが西の方にいて、その経験はとても貴重だし今当時経験したことが生かされる時なのだとも思う。

知的/発達の当事者たちは不測の事態に対応が難しいと言ったが、
実は私たち自身も「不測」の範囲が違うだけで「不測の事態」と言う測り知れない事柄に対する対応は彼らと同様難しいのだと思う。
そして、私たちと当事者たちの違いは、「想定外」と言う言葉を知っているだけかも。

「不測の事態」に備える事も大事だけど、「不測」と言う測り知れない状況に陥った時、どのように対処するかを今被災地ではない私たちが実体験に基づき経験できる機会となっていると考えてみたい。

「1000年に一度の大震災」と言う話も聞く。
東海地震はすぐそこまでやってきているとも聞く。
地震に備えた対策を準備してきても、今回のように想定外の出来事になるとたちまち無になってしまう。

ならば、今の事態の中で何事も準備の時として不具合を修正し次に向かうプラス思考が今求められているように思う。




posted by 岩ちゃん at 10:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

阪神淡路大震災で取り組んだ事(その1)

一昨日の地震から繰り返し流される被害の状況。
東京に住む私も時間の許す限りテレビをつけっぱなしで見ている。
しかし、同じ映像・同じ情報が何度も流されるので少々うんざりしてきた。

「うんざり」などと言っては被災地の人たちに申し訳ないが、被災地の外にいる者としての正直な気持ちである。

被害の状況や安否確認等被災地の状況を把握する事は大事だと思う。
友人・知人が被災地にいたり、障がい者支援を担っている者にとって現地の障がい者の暮らしがどうなっているか?
被災地の外にいる者としても気にはなっている。

しかし、いくら気をもんでも今の今なにも動けない。
いてもたってもいられず、ツイッタ上ではRTの嵐が吹き荒れている。
又、まずは義援金集めしかできないだろうと取り組みを始めたという情報もあったりする。

被災地の外にいる私たちとして、今の今なにも動けないけど、そう遠くはない日に懸命に動き始める時が必ず来ると思っている。

では、何をどのように担えば良いのか?
実は、今動けないこの時にそれぞれの来るべき日のために、準備する必要があるのではないだろうか?

阪神淡路大震災の折、
東京の多摩では、被害状況がある程度出された段階で、支援のコーディネーターを数名送り、現地とどのような支援が必要かを検討した。
その上で、多摩でボランティアを集め、現地の要望に基づきボランティアとして現地に入る人たちのコーディネートとそのためのカンパ活動を担ってきた。

「何でも手伝います!」と支援したい人がやみくもに現地に入ると、その対応に追われる現地。
人の想いをむげにはできないけど、人の想いが現地を混乱に陥れる。
ならば、被災地の外で「手伝います」と言う人と現地との連携を作り人を送り込む。

そんな事を被災地の外だからできるように思う。

阪神淡路大震災の時、
何をどのように連携し支援を担えば良いのか?
手探りながら、時間との兼ね合いも含め支援を担ってきた。

しかし、それから十数年。
繰り返し起こる大震災で様々な事を経験したり学んだ事がたくさんある。

とは言っても、同じく経験や学んだ人以外の人たちの手も必要になる。

ならば、今動けない時に被災地外で今後必要となる支援の取り組みを準備する事が大事だと思う。

阪神淡路大震災の時には、ツイッターやフェイスブックと言うツールはなかった。
スカイプなるものもなかった。
ひたすら人(ジン)ターネットで人と人とのつながりを求めてきた。
新たなツールも含め様々な人と動くべき時に動ける準備ができればと願う。
posted by 岩ちゃん at 09:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 被災地支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする